男鹿市障がい福祉計画(第5期)・障がい福祉計画(第1期)とは

「男鹿市障がい福祉計画」(第5期)は、障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第88条に規定される「市町村障害福祉計画」です。平成18年度から3年ごとの計画期間で、平成30年度から32年度までの第5期計画を策定しました。

「男鹿市障がい児福祉計画(第1期)」は、平成30年の児童福祉法改正に伴い、同法第33条の20に策定する「市町村障害児福祉計画」です。計画期間3年の第1期計画を策定しました。

 

計画の基本理念

 この計画は、障がいのある方が、障がい福祉サービス等を活用し、地域社会の理解を得ながら自立した地域生活を送ることができ、障がいの有無にかかわらず全ての人が安心して暮らすことができるような「地域共生社会」の実現に向けて推進することを目指します。

 

計画の期間

 平成30年度(2018年度)から平成32年度(2020年度)までの3年間を計画期間として策定しています。

 

計画

 男鹿市障がい福祉計画(第5期)・男鹿市障がい児福祉計画(第1期) [815KB pdfファイル]