公募型プロポーザルのお知らせ

「男鹿のナマハゲ」等インバウンド受入体制整備事業にかかる受託事業者の募集について

 

「男鹿のナマハゲ」がユネスコ無形文化遺産に登録され、国内外から注目を集める中、インバウンド向けの受入環境の整備のため、なまはげ館及び男鹿真山伝承館への多言語案内システム等の導入と、市内観光施設の受入環境整備を図る公募型プロポーザルを実施します。

 

参加資格

 

(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者でないこと。

(2) 経営状況及び経営規模において、本業務の履行に支障がある者でないこと。

(3) 会社更生法(平成14年法律第154号)の規定による更生手続開始の申立て及び民事再生法(平成11年法律第225号)の規定による再生手続開始の申立てがなされていない者であること。

(4) 破産法(平成16年法律第75号)に基づく、破産手続開始の申立てをしている者でないこと。 

(5) 代表者及び役員等が、男鹿市暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団又はその構成員の統治の下にある者でないこと。

(6) 国税及び地方税を滞納していないこと。

(7) 過去5年以内に類似業務の受託実績があること。

  

実施スケジュール

  

 

項 目

期 間 等

企画提案書等の提出期限

令和元年9月17日(火)

正午まで

選定委員会

令和元年9月24日(火)

※予定

委託候補者の選定及び通知

令和元年9月下旬

業務委託契約

令和元年9月下旬

 

  

公募型プロポーザルに関する情報は下記よりダウンロードしてください。

 

 

実施要領

 

 実施要領 [244KB pdfファイル]   

 

業務仕様書

  

 業務仕様書 [218KB pdfファイル] 

 

③様式集

 

 様式集 [19KB docxファイル]