名 称 男鹿半島新報 (おがはんとうしんぽう)
所在地 男鹿市船川港船川字泉台66-1
指定年月日 平成31年3月19日

 

  

     
 
 秋田半島新報 第1号(創刊号)

      昭和4年4月20日 刊行

 
 
 
 
     船川港町の武田茂一(たけだ もいち)氏が昭和4年(1929)に創刊した男鹿半島初の地域新聞です。
     当時、船川港築港でにぎわっていた船川港町や、半島での出来事を地域住民に伝えることを目的とし。
     創刊号の発刊の辞には一党一派にかたよらず、公正な報道を貫くという使命と、地域の発展に向けた
     報道を貫く決意が記されています。
     
     満州事変、太平洋戦争などで休刊を余儀なくされました。
     戦後、昭和29年に復刊され、昭和33年頃まで刊行したようです。
 
     指定となった男鹿半島新報は、昭和4~33年に刊行された235点です。
 
     創刊時は「秋田半島新報」、昭和5年11月から「半島新報」、戦後の復刊後は「男鹿半島新報」と名称を
     変えています。
   
     記事を見ると、当時の船川港町を中心とする情勢、行政の様子、農業、漁業、教育の動きや文化、娯楽の動向
     など様々な分野での当時の出来事が取り上げられています。また、新聞広告もすでに無くなった企業や商店が
     掲載されていて、当時の活気が想起されます。
     
      昭和期の前半の男鹿を知る上で貴重な資料です。
 
 
      ■指定点数
      秋田半島新報  第1~48号
      半島新報        第49号~143号
                         (50~86、110、132、144~316号抜け)  
      男鹿半島新報  第317~454号 
                          (348、365、367、393、412、421、433号抜け、455号以降は不明)       
                                                   
                                                                                                            計235点