第2期男鹿市まち・ひと・しごと創生総合戦略

1.策定の趣旨

 国においては平成26年12月にまち・ひと・しごと創生法を制定し、国と地方が一体となって地方創生を実現するため、それぞれが総合戦略を策定することとし、市町村においては、国・県の総合戦略を勘案し、「市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定が努力義務とされ、本市においても人口減少を克服し、将来に亘って活力ある地域社会を実現していくために、平成27年11月「まち・ひと・しごと創生男鹿市総合戦略」を策定し、計画的に施策の展開を図ってきました。
 令和元年度は、この第1期総合戦略の最終年にあたることから、国の動向に合わせ、これまでの地方創生の取り組みの成果や課題を調査・分析し、第1期の総仕上げに取り組むとともに、令和2年度を初年度とする「第2期まち・ひと・しごと創生男鹿市総合戦略」を策定します。

 

2.策定経過

 令和元年度男鹿市まち・ひと・しごと創生有識者会議(第1回)会議資料

  男鹿市まち・ひと・しごと創生有識者会議委員名簿・出席者名簿 [116KB pdfファイル] 

      席次表(まち・ひと・しごと有識者会議) [74KB pdfファイル] 

  00.有識者会議次第 [87KB pdfファイル] 

  01.資料1 地方創生推進交付金事業実施報告 [267KB pdfファイル] 

  02.資料2 H31KPI達成状況検証シート [390KB pdfファイル] 

  03.資料3 男鹿市総合戦略効果検証資料 [1289KB pdfファイル] 

  04.資料4 第2期男鹿市総合戦略骨子(案) [907KB pdfファイル]