市長だより 平成31年3月

「夢の遊覧船」を実現したい! 

 JR東日本さんが提案してくれています。船の調達・船長の手配・運行計画などに、「こんなにやってくれるの?」と言うところまで踏み込んでいます。船川~戸賀までの2時間の船旅、60人乗りです。

 就航日数が少ないことなどで、今までも何度も失敗しております。しかし、陸・空の交通機関、旅行者・宿などと連携をしっかり取って行えば、成功の可能性が高いと思います。特に、外国人・県外の誘客には絶大なインパクトがあります。何とか実現したいものです。

 

第3回ナマハゲ激論「一人一説」  

 今後のナマハゲのあり方について、深く考えさせられました。

 ナマハゲは「福をもたらす神」である。ナモミを剥いで、再生の意味もある(新年を迎えるにあたり、新しくやり直す)。

 ナマハゲは「子どもだけ懲らしめる」ように捉えられてしまっている。
    しかし、本来は大人に「家が傾かないように、誠実に生きろ」と警鐘を鳴らしに来るのである。
  そして子どもには「立派になって地域を守れ」と励ましていく。

 今後、「これだけは守ってほしい」という、ガイドラインがあるべきです。

 

「なまはげ柴灯祭り」が無事終了! 

 来場者が3日間で7,600人ほどでした。外国人・県外の人が多くなりました。「『こんばんは、いらっしゃいませ!』とスタッフの方に声をかけられて嬉しかった!」と何人かの方に褒められました。

 終了後に、なまはげを演じた若者達と打ち上げがありました。面を取った若者達は、素顔もいい!大きな仕事をやり遂げた、満足感を感じました。また、とても優しく気配りのできる若者達でした。寒い中、駐車場・案内など、お祭りを支えてくれた多くの皆さんにも、感謝!

   

「無人、キャッシュレスの移動販売車」の実証実験 

 「男鹿市でやりたい」と、企画している若者達8人と会いました。この内の4人が理学博士の肩書を持ち、日本の一等地・銀座にオフィスを所有し、「近い将来に自動運転も」など、驚くことばかりでした。

 こんな時代の最先端を行く若者達と交流できるだけでも、男鹿市にとって、十分意義があります。どうか男鹿市で、実証実験をしてほしいものです。 

 日程 内容 
11日(月)

あきたクルーズ振興協議会総会(秋田市)

13日(水) 秋田厚生医療センター病院運営委員会(秋田市)
21日(木)13時30分~ 市の記念日記念式典(文化会館)
23日(土)~24日(日)

自転車活用全国市区町村の会(和歌山県)