市長だより 平成30年9月

「成和塾」の仲間が来訪 7月27日

 自身の会社経営で大変なところ、福岡県と東京都から男鹿市を心配し、来訪してくれました。

 少子化対策として、婚活支援のNPO法人を紹介していただきました。また「地方自治体の病院経営は大変だろう」と、病院経営の専門家の紹介を約束してくれました。

 「仕事に打ち込み、他人に尽くすことで、心を磨く」という、成和塾の精神にふれてスイッチが入りました。「男鹿市長、頑張れ!俺たちがついている!」と男鹿訪問の報告書の一文に、胸が熱くなりました。

 

「飛鳥Ⅱ」に乗船 8月5日 

 船内で男鹿の紹介をさせていただきました。定員200名の立派なショーホールが、ほぼ満席になりました。同時に、乗客約870名、乗務員約470名に船内テレビで中継されました。意識の高い人たちで、何人もの方から「市長の説明が良く、男鹿の歴史・伝統・文化など、奥深いところが理解できた」と声をかけられ、私は「ゴロッ」としました。

 また、経団連の副会長をしている2組の夫婦、一流企業のトップ2組の夫婦に男鹿を案内させていただきました。とてもいい機会でした。

 

寒風山で流星群観察 8月12日 

 午後10時ごろに、100名ほどの人が流星群を観察していました。私は、目が悪いのか、集中力がないのか、2つぐらいしか見えませんでした。一緒に行った娘は、何度も歓声を上げていました。

 大きな流れ星は、緑色の尾を引いてとても綺麗だそうです。悔しくて、翌日の夜明け前に再挑戦しましたが、流星はまたもやいまひとつでした。しかし、今度は寒風山から見る朝焼けが綺麗で歓声を上げました。朝日を観る人たちも結構いました。ただ、雑木・草原・老朽化した建物が気になりました。何とかしたい。
 
 

「男鹿ナマハゲロックフェス」の盆踊り大会 8月18日 

 若者たちが「地域を元気にしたい」と始めたロックフェスが、2日間で約1万5千人が参加するイベントに成長しました。県外客が40パーセントを超えているそうです。手作りで、財政的にも厳しい状況を乗り越えて、ここまで良くやってきたものです。 

 「近き者喜べば、遠き者来る」との言葉は、仕事・イベントなどすべての事は、地域に支持されなければ、後継者も育たないし、文化として継承されない事を意味しています。今回、老若男女を問わず、待望されていた盆踊りに目をつけ、実現したのには驚きました。2000名もの人でにぎわいました。来年以降も期待しています。 



 日程 内容 
5日(水) 県内誘致企業懇談会(秋田市)
21日(金) 秋田八郎潟線道村大川線改良整備促進期成同盟会総会(五城目町)
30日(日) 豊かな海づくり全国大会プレイベント(秋田市)
3日(月)~21日(金)

男鹿市議会9月定例会