市長だより 平成30年8月

「オガーレ」オープン 7月1日

 多くの方々が「男鹿の可能性に期待し、男鹿を捨てておけない」という心意気で、今日まで支援してくれました。

 こんなに県と連携して行った事業はないと思います。九州№1の道の駅むなかたの元駅長山﨑氏が、道の駅おが「オガーレ」駅長に就任してくれました。飲食で全国展開する株式会社ドリームリンクは、採算度外視で出店を決意してくれました。

 そして、JR東日本のご支援は、半端ではないものがあります。新型車両「アキュム」を導入し、男鹿駅を移転新築してくれました。

 終生、皆さんに対する御恩は忘れません。

 今日は、「男鹿が甦る」スタートの日です。市民が、心を一つにオール男鹿で、「永遠にチャレンジしていく文化」を創っていきましょう。

 

男鹿市観光協会とのランチミーティング 7月9日 

 協会役員と市の観光担当幹部で行われました。市民が観光に関心を持ち、「おもてなし」ができれば最高です。「コンニチハ」と、明るい笑顔での応対が大事です。

 まずは、市役所・みなと市民病院・文化会館・総合運動公園で、ウエルカム(歓迎)の心を込めて、「コンニチハ」とお迎えしたいものです。

 

男鹿市商工会との意見交換会 7月18日 

 商工会の理事と市の幹部で行われました。新しい男鹿駅前広場、旧駅舎などの利活用の計画作成も始まりました。そして、空き店舗の多い船川地区商店街の活性化事業もスタートしました。既に、空き店舗だった「シーガル」の改修を進め、新しい事業の模索をしている若者がいます。また、その向かいに居酒屋が新店舗を建設しております。オガーレのにぎわいをまずは船川の街中に広めていきたいものです。官民一体となって取り組みましょう!
 
 

 

「儲かる漁業」を目指す! 7月19日 

 「漁村の賑わい創出にむけて」と題した、水産庁の講演に感動しました。漁村ごとに、儲かるためのプランを作成します。養殖・加工場などの「生産基盤」づくり、漁村の景観を生かした民宿・レストランなどの「賑わいの場」づくりがあります。

 男鹿には、椿・戸賀・北浦など可能性が高い地域が多くあります。漁業振興の目玉として造った、「オガーレ」が好調な今、波に乗って行きたい!

 



 日程 内容 
3日(金)~5日(日) 飛鳥Ⅱ船内PR(神奈川県~男鹿)
7日(火) 秋田厚生医療センター運営委員会(秋田市)
14日(火) 第16回男鹿日本海花火
28日(火)

能代港の洋上風力発電拠点化を目指す期成同盟会設立総会(能代市)

29日(水) 秋田県後期高齢者医療広域連合臨時議会(秋田市)