避難準備情報の名称変更について

 平成28年台風第10号の水害により、岩手県岩泉町ではグループホームが被災し、入所者9名が亡くなるなど高齢者の被災が相次ぎました。

 これらを踏まえ、内閣府では、平成28年12月に以下のように避難情報の名称を変更いたしました。

 

避難勧告等とは?

 

 避難勧告等とは、大雨や高波などにより市内にて災害の発生する危険がある場合に危険が予測される地域の住民の皆さんに対し、原則市長が行う避難のための勧告や指示のことです。
 市では、災害の緊急度や、避難行動にかかる時間等の観点から、避難勧告等を以下の三段階で発令し、住民の皆さんへ避難を呼びかけます。

 

     

 

男鹿市避難勧告等の発令判断基準とは?

 災害の発生が予測される場合には、安全な場所へいち早く避難することが大切です。
 「避難勧告等の発令判断基準」とは、住民の皆さんへ避難勧告等を適切なタイミングで発令するために、どのような場合にどの種類の避難勧告等を発令するかについて市の地理的特徴などを考慮した上で、災害の種類別に具体的に定めたものです。発令時には、できるだけ速やかに避難してください。

 また、たとえ避難勧告等の発令がなされなくとも、自分の身に危険を感じた場合はただちに避難するなど命を守る行動をとってください。

発令判断基準 簡略表

 避難勧告等の発令に関しては、以下の判断基準を参考にしつつ、他の情報を含めて総合的に判断します。

 発令判断基準の詳細な内容は、「避難勧告等の判断・伝達マニュアル」 [295KB pdfファイル] (リンク先PDFファイル)をご覧下さい。

 (※ 簡略表中の「該当頁」は、上記PDFファイルのページに対応しています。)

(※1)土砂災害警戒情報とは、大雨警報発表後に土砂災害の危険度が高まった場合に発表されるものです。

(※2)大雨特別警報とは、台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される場合に発表されるものです。

 

 

(※3)高潮特別警報とは数十年に一度の強度な台風や同程度の温帯低気圧による高潮が予想される場合に発表されるものです。