先の東日本大震災を受け、平成23年6月に「津波対策の推進に関する法律」が施行され、「稲むらの火」の逸話にちなみ11月5日を「津波防災の日」として定めました。

 地震・津波発生の予測は大変難しいものです。この機会に、あらためてご家庭や地域で津波防災について話し合ってみてはいかがでしょうか。

 また、男鹿市では当日の11月5日の午前10時より、防災行政無線で大津波警報のサイレン吹聴による広報を行います。

 男鹿市の津波ハザードマップ・津波時避難場所

 

「稲むらの火」とは

 1854年の安政南海地震の津波が来襲した際、紀伊国広村(現・和歌山県広川町)の郷士であった濱口梧陵は、自身の田にあった藁の山に火をつけて明かりとし、村人をすみやかに安全な高台まで誘導することができました。この史実に基づいて作られたのが「稲むらの火」の物語であり、津波発生時、命を守るためには迅速に判断及び行動することが説かれています。