日 時 / 3月17日(金) 9時30分より

会 場 / 北浦公民館・北陽小学校

  この訓練は、国外から弾道ミサイルが発射され、秋田県沖の領域内に落下するとの想定で北浦公民館、北陽小学校を会場に行われます。

 内閣官房、消防庁、秋田県、男鹿市のほか消防署、警察署、北浦地区住民の協力を得て国から配信された弾道ミサイル情報を防災行政無線や防災情報登録制メールにて住民へ情報伝達し、ミサイルの爆風等から身を守るための屋内避難の手順等を確認するとともに防災意識の高揚を図ります。

 当日は、北浦公民館付近で通行規制が行われるほか、午前9時30分から10時までの間、数回にわたり北浦地区にて国民保護に係る警報サイレンを吹鳴して情報伝達を行いますので、皆様のご理解をお願いいたします。

 なお、防災情報登録制メールは、すべての登録者へ配信されます。