おおむね65歳以上の高齢者であって、ひとり暮らしなどにより援助が必要なかたは、次のサービスが利用できます。

配食サービス事業

栄養バランスのとれた食事を提供し、安否を確認します。配達は夕食分で、1週間に2回まで利用できます。

配食サービス 利用申請書 [41KB docファイル] 

配食サービス 廃止届出書 [34KB docファイル] 

配食サービス チラシ.pdf [216KB pdfファイル]  

介護慰労金支給事業

高齢者を介護している家族等の経済的負担の軽減を図り、要介護高齢者の在宅生活の継続、向上を図ります。対象者等の詳細は実施要綱をご覧ください。

○対象者:市民税非課税世帯で、過去1年間にわたり、介護対象者(要介護4または5の認定を受けている者)と同居し、現に介護している家族

○要 件:介護対象者に係る介護保険料を完納し、かつ、過去1年間にわたり介護保険サービスを受けずに(年間7日間の短期入所の利用を除く)在宅介護されていること

○支給額:年額10万円

介護用品購入券交付事業と二者択一

介護慰労金支給事業    実施要綱.pdf [107KB pdfファイル] 

介護慰労金 支給申請書.docx [21KB docxファイル] 

介護用品購入券交付事業

高齢者を介護している家族等の経済的負担の軽減を図り、要介護高齢者の在宅生活の継続、向上を図ります。

○対象者:前年度市民税非課税世帯で、要介護4または5の方と同居し介護している方(詳細はチラシをご覧ください)

○購入券:1月あたり6千円分の介護用品購入券を交付

○購入できるもの:紙おむつ、尿取りパッド、使い捨て手袋、清拭剤、ドライシャンプー

介護慰労金支給事業と二者択一

介護用品購入券 交付申請書 [43KB docファイル] 

介護用品購入券 返納届出書 [36KB docファイル] 

介護用品購入券 チラシ.pdf [572KB pdfファイル] 

悩みごと・疑問・心配ごとの相談(総合相談)

地域包括支援センターでは、介護に関する相談や悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関すること等、どのような相談にも対応します。

権利と財産を守る

安心していきいきと暮らすために、高齢者が持つさまざまな権利を守ります。成年後見制度の紹介、虐待や消費者被害等に対応します。