40歳以上のかたが加入します

介護保険制度では今まで主に家族が行っていた介護を社会全体で支え、老後を安心しておくることができるように創られた制度です。

《被保険者》
種類 加入する人 給付を受けられるかた
第1号被保険者 65歳以上のかた ○寝たきり・認知症などで常に介護が必要な状態(要介護状態)のかた
○家事や身じたくなどの日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)のかた
第2号被保険者 40歳~64歳の医療保険加入者 ○老化をともなう特定疾病(初老期認知症・脳血管疾患など15の疾患に末期がん」が新たに加えられました。)によって介護・支援が必要となったかた

 

要介護認定の申請

介護サービスを受けるためには、要介護状態または要支援状態に該当するかどうか、さらに介護の必要度(要介護度)を判定するため、市に要介護認定の申請をする必要があります。

申請があると調査員(市職員等)がご自宅などを訪問し心身の状態を調査します。その調査結果と主治医の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家で構成する「介護認定審査会」で審査・判定を行います。

介護保険で受けられるサービス

介護サービスは、「在宅」で受けるものと、「施設」で受けるものがあります。ただし、要支援のかたは、「施設サービス」を利用できません。

くわしくは、在宅サービス施設サービス地域密着型サービスをご覧ください。

利用者負担は1割または2割

平成27年8月より、介護保険の費用負担が変わりました。
65歳以上の一定以上の所得のある方は、介護サービスを利用したときの費用負担が2割となります。
高齢化が進み、介護保険制にかかる経費が増加する中、制度を維持するための必要な見直しです。
介護保険サービス利用者の皆様にはご負担をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
(厚生労働省リーフレット)一定以上の所得のある方は、サービスを利用した時の負担割合が2割になります [375KB pdfファイル] 

 

<利用者負担の区分>

負担割合    対象者
1割

●生活保護受給者、住民税非課税の方
●本人の合計所得金額が160万円未満の方
●本人の合計所得金額が160万円以上であるが、同一世帯の65歳以上の方の年金収入とその他の合計所得金額の合計が、単身世帯で280万円未満、2人以上の世帯で346万円未満の方

 

※第2号被保険者(40~64歳)の方は、一律1割負担です。

2割 ●上記以外の方
※月々の利用者負担には上限があり、上限を超えた分は高額介護サービス費が支給されますので、全ての方の自己負担が2倍になるわけではありません。

 制度の改正に伴い、要支援・要介護認定を受けた方全員に負担割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」(ピンク色)が交付されます。
 介護保険サービスを利用するときは、負担割合にかかわらず、介護保険被保険者証(黄色)と一緒に「介護保険負担割合証」を必ず提出してください。

利用者負担の軽減

1)高額介護サービス費

 同じ月に利用した介護保険サービスの費用の自己負担分が高額になった場合は、下の表の上限額を超えた額が支給されます。

区   分 1カ月の上限額
①現役並み所得者(平成27年8月より新設)
 ○同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、
  収入が単身世帯で383万円以上、2人以上の世帯で520万円以上の方
世帯合計 44,400円
②一般世帯(住民税課税世帯) 世帯合計 37,200円
③住民税非課税世帯 世帯合計 24,600円

 ○前年の合計所得額と課税年金収入の合計が80万円以下の方

 ○老齢福祉年金の受給者  

個人単位 15,000円

④○生活保護の受給者

 ○上限を15,000円にすれば、生活保護とならない方

個人単位 15,000円

世帯合計 15,000円

(厚生労働省リーフレット)月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)が変わります[406KB pdfファイル] 

【必要な手続き】申請してください。支給の対象者には、男鹿市からお知らせを送ります。

 高額介護(介護予防)サービス費支給申請書 [41KB docファイル

 介護保険給付費の支給申請・請求及び受領に関する申立・誓約書 [39KB docファイル]  

 

(2)特定入所者介護サービス費

 低所得の方が、施設サービスと短期入所サービスを利用した場合、居住費・食費が軽減されます。

利用者負担段階

1日当たりの食費

1日当たりの居住費(滞在費)

ユニット型個室

ユニット型準個室

従来型個室

多床室

第1段階

世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者

300円
820円 490円

490円

(320円)

0円

第2段階

世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得と課税年金収入の合計額が80万円以下の方 390円 820円 490円

490円

(420円)

370円

第3段階

世帯全員が住民税非課税で、利用者負担段階2段階以外の方 650円 1,310円 1,310円

1,310円

(820円)

370円

 ※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は( )内の金額となります。

(厚生労働省リーフレット)食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります [300KB pdfファイル] 

【必要な手続き】申請してください。認定証の交付後に住民税の課税世帯となった場合は認定証を市へ返還してください。

(平成27年8月1日~)介護保険負担限度額認定申請書 [84KB docxファイル]   

 

(3)社会福祉法人による利用者負担軽減制度事業

 男鹿市に届け出をしている社会福祉法人が提供するサービスの利用者負担額が25%(老齢福祉年金受給者は50%)軽減されます。生活保護受給者は個室の居住費にかかる利用者負担額(全額軽減)のみ対象。

軽減を受けたいかたは、条件を満たしているかを確認し、満たしているときは申請してください。

条件を確認してください。申請用件の確認票~申請前に確認してください [44KB docファイル] 

確認後に、申請書、収入等申告書に添付書類を添えて申請してください。

         社会福祉法人等利用者負担軽減対象確認申請書 [25KB docファイル]      

         収入等申告書 [36KB docファイル]                 

 

 

 

 

介護保険料(平成27年度~平成29年度)

 

区分 対象者

保険料額(年額)

※()内は基準額に対する負担割合 

平成27~28年度  平成29年度
第1段階

市世

民帯

税の

非全

課員

税が

生活保護の受給者、老齢福祉年金受給者、 

「合計所得金額+課税年金収入」が

80万円以下の方

35,800円

(0.45)

 23,900円

 (0.3)

第2段階

「合計所得金額+課税年金収入」が

80万円超120万円以下の方

59,800円

(0.75)    

39,800円

 (0.5)

第3段階

「合計所得金額+課税年金収入」が

120万円超の方

59,800円

(0.75) 

55,800円

 (0.7)

第4段階

 

課世

税帯

者に

が市

い民

る税

「合計所得金額+課税年金収入」が

80万円以下の方

71,700円

(0.9)

71,700円

(0.9)

第5段階

「合計所得金額+課税年金収入」が

80万円超の方

79,700円

(基準額)

 

79,700円

(基準額)

 

第6段階

 

 
 
 
 

合計所得金額が120万円未満の方

95,600円

(1.2)

95,600円

(1.2)

第7段階  合計所得金額が190万円未満の方

103,600円

(1.3)

103,600円

(1.3)

第8段階  合計所得金額が290万円未満の方

119,600円

(1.5)

119,600円

(1.5)

第9段階  合計所得金額が290万円以上の方

135,500円

(1.7)

135,500円

(1.7)

 

※年額保険料は計算の際に100円未満が切り捨てられています。

※年度途中で資格を取得した場合は、月割りで保険料を算定します。

※平成29年度の第1段階から第3段階の保険料については、消費税率の引き上げによる財源を活用した軽減策がとられる予定です。

 

介護保険料の納めかた

被保険者の区分 納付方法
第1号被保険者
(65歳以上のかた)
○原則として、年金から差し引かれます。ただし、年金額が年額18万円未満のかたなどは、納付書や口座振替などにより納めていただきます。
○保険料は世帯の課税状況などに応じて9段階に分けられています。
第2号被保険者
(40歳~64歳までの医療保険に加入しているかた)
○国民健康保険に加入しているかたは、医療分に介護保険分を上乗せして、市に納めていただきます。
○国民健康保険以外の健康保険に加入している会社員や公務員などは、それぞれの健康保険料に介護保険分の保険料が上乗せされ、毎月の給与から差し引かれます。

 

介護保険関係申請書等書式

介護保険関係の各申請書がご利用になれます。

下記よりダウンロードできます。

介護保険<住宅改修>関係申請書等 

介護保険<福祉用具購入費>関係申請書等