医療費の助成(福祉医療制度)

 福祉医療制度に該当する方には、申請により「福祉医療費受給者証」を交付します。診療を受けるとき、医療機関の窓口に健康保険証と一緒にこの受給者証を提出すると、保険診療の自己負担分が全額(または半額)助成されます。

対象になるかた 年齢・要件 備考

乳幼児及び

小中学生

○0歳児から中学生のお子さん
(中学校修了年度の3月31日まで)

 

※平成28年8月より中学生も助成の対象となりました。

所得制限あり

小学生までは全額助成

中学生は半額助成(ただし、1カ月の自己負担の上限は、病院ごとの入院・外来ごとに千円)

※ただし、市県民税所得割非課税世帯の方は、全額助成。

母子・父子家庭の児童

○18歳に達した最初の3月31日まで
○母子・父子家庭の児童
○父母のいない児童
○父または母が一定の障害を持つ児童

○父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

所得制限あり
社会保険の本人(※)は該当しません
重度心身障害児者 ○身体障害者手帳1~3級を持っているかた
○療育手帳Aを持っているかた
社会保険の本人(※)のみ所得制限あり
高齢身体障害者 ○65歳以上の身体障害者手帳4~6級を持っているかた 所得制限あり
社会保険の本人(※)は該当しません

(※)ここの「社会保険の本人」とは、国民健康保険以外の健康保険に加入している被保険者をさします。