住み慣れた地域での生活を続けるために、地域の特性に応じたサービスが利用できます。

要介護1~5の人

認知症対応型通所介護

 認知症の方が、食事や入浴などの日常生活上の支援や機能訓練、専門的なケアなどのサービスを日帰りで受けられます。

地域密着型通所介護

 小規模な通所介護施設で日常生活上の支援や機能訓練などを受けられます。

小規模多機能型居宅介護

 通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊りのサービスを組み合わせ、多機能な介護サービスを受けられます。

看護小規模多機能型居宅介護

 小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせることで、介護や看護のケアが受けられます。

夜間対応型訪問介護

 巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護を受けられます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 日中・夜間を通じて定期的な巡回と随時の通報により、介護や看護、緊急時の対応などが受けられます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 認知症の方が共同生活をする住居で、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられます。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 入所定員が30人未満の小規模な介護老人福祉施設に入所する方が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられます。

 ※新規入所は原則、要介護3以上の方が対象となります。

地域密着型特定施設入居者生活介護

 有料老人ホームなどの特定施設のうち、入所定員が30人未満の小規模な介護専用型特定施設に入居する方が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられます。

要支援1・2の人 

介護予防小規模多機能型居宅介護

 通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊りのサービスを組み合わせ、多機能な介護予防を目的とするサービスを受けられます。

 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
要支援2の人が対象

 認知症で要支援の高齢者が、共同生活をする住居で、日常生活上の世話や機能訓練などの介護予防を目的とするサービスを受けられます。