いつまでも自分らしく【認知症ケアパス】とは

  認知症は誰にでも起こりうる脳の病気です。

 しかし、認知症になったからといって、何もかもできなくなるわけではありません。尊厳をもって最期まで自分らしく生活したいのは、誰もが望むことです。

  認知症ケアパスは、認知症を発症したときから、生活機能障害が進行していくなかで、その進行状況にあわせて、いつ、どこで、どのような医療や介護サービスが利用できるのかを表したものです。

 認知症の人やその家族が、安心して住み慣れた地域のよい環境で【いつまでも自分らしく】暮らし続けることができますよう、この認知症ケアパスを活用していただければ幸いです。

私のこれまで…これからの私…

 認知症ケアパスの巻末には、【私のこれまで…これからの私…】があります。認知症になったとき、自分の思いをうまく言葉にできないこともあります。「私のこれまで」を振り返り、「これからの私」は どこで、どのように生活したいか、希望する生活のあり方を記録するためのページです。

 ご家族や周囲の方も、あなたの思い描く生活を知ることができれば、いつまでもあなたらしく生活できるよう、よりよく心をかよわせ、お手伝いや介護ができるはずです。

 ぜひ、あなたの思いを綴ってください。

    

【 いつまでも自分らしく 認知症ケアパス 】ダウンロードはこちらから

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 認知症ケアパス① 表紙~6ページ.pdf [1531KB pdfファイル] 

 認知症ケアパス② 7、8ページ.pdf [1777KB pdfファイル] 

 認知症ケアパス③ 9ページ.pdf [542KB pdfファイル] 

 認知症ケアパス【巻末】私のこれまで…これからの私….pdf [629KB pdfファイル] 

  

 認知症ケアパス 詳細版(サービスの詳細) ダウンロードはこちらから      

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 詳細版① 表紙.pdf [473KB pdfファイル] 

 詳細版② ケアパス.pdf [409KB pdfファイル] 

 詳細版③ サービス内容等.pdf [979KB pdfファイル] 

 

関連するご案内

 ○認知症の方とそのご家族を支援するサービス(認知症カフェなど)

 ○健康子育て課(お茶っこサロンなど)

 ○介護保険のサービスについて

 ○介護保険に関する申請書

 ○福祉事務所(緊急通報装置など)

 ○地域包括支援センター(配食サービス、介護慰労金など)

   ○地域包括支援センター(介護予防教室)