介護や生活支援を必要とする高齢者や、単身生活者、高齢者のみの世帯が増える中、高齢者のみなさまが住み慣れた地域で生活を継続するために、買い物や掃除の支援、生きがいを持って参加できる活動が、これまで以上に必要になると見込まれます。【総合事業】では、多様な生活ニーズに応えるサービスを、地域の実情に応じて、総合的に提供できる仕組みに見直し、地域での支え合いの体制づくりを進めていきます。

移行する時期とサービス内容

 要支援1または要支援2の方が利用する介護予防給付(介護予防サービス)のうち、訪問介護(ホームヘルプ)と通所介護(デイサービス)については、平成28年1月から、総合事業(訪問型サービス、通所型サービス)へ移行します。総合事業でも、介護予防給付の訪問(通所)介護同様のサービスが利用できます。

総合事業の対象者

    次の①②のいずれかに該当し、ケアマネジャーによるケアプランが作成された方です。

 ①要支援1(要支援2)の認定を受け、介護予防給付の訪問(通所)介護を利用している方

 認定有効期間の開始月日が平成28年1月1日以降の方は、総合事業への移行手続きが必要です。担当ケアマネジャーとご相談のうえ、手続きをしてください。

※平成28年1月1日が認定有効期間中の方は、そのまま介護予防給付の訪問(通所)介護を利用できます。更新(区変)認定後に、上記のとおり担当ケアマネジャーとご相談のうえ、手続きをしてください。

※要支援認定を受け、新規でサービス利用をご希望の方は、地域包括支援センター(下記)へご連絡ください。

 ②基本チェックリストにより総合事業の対象者と判定された方                 

 基本チェックリストは、生活状況や健康状態等を確認する調査票です。要支援認定を受けなくても、迅速に訪問(通所)型サービスが利用できます。総合事業以外のサービスが必要になったときは、要介護(要支援)認定の申請をすることができます。

※40歳から64歳の方(第2号被保険者)は、基本チェックリストではなく要支援認定が必要です。

 

男鹿市総合事業チラシ

   ⇒チラシ.pdf [301KB pdfファイル] 

介護予防・日常生活支援総合事業(厚生労働省ホームページ)

   基本的な考え方、ガイドライン、Q&A、関係資料等が掲載されています。

   ⇒www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000074126.html