~令和2年8月1日以降に生まれた方~ ロタウイルス予防接種が10月1日から定期接種化されます

 【ロタウイルス胃腸炎とは】

 口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中でもっとも多い感染症です。生後すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は早い時期に完了させる必要があります。

1 対象者

  令和2年8月1日以降に生まれた方

  ※7月までに生まれた方は定期接種の対象とはならず、接種した場合は自己負担となります。

2 開始時期

  令和2年10月1日

  ※8月1日以降に生まれた方であっても、生後6週を迎えて9月30日までに接種した場合は自己負担となります。

3 接種時期と回数

  〇どちらワクチンも、1回目を生後2か月から出生14週6日までに接種します。安全性の観点から生後15週以降の接種はおすすめしません。

  〇ワクチンの種類を途中で変更することはできません。

  【1価ワクチン(ロタリックス)】生後6週以上24週0日で2回経口接種

  【5価ワクチン(ロタテック)】 生後6週以上32週0日で3回経口接種 

4 予防接種予診票について

  対象者へ出生届時に個別にお渡しします。