9月中頃から、野石地区でクマ目撃情報、脇本地区でクマの痕跡が確認されており、

男鹿市内でクマが生息していると思われることから十分ご注意ください。

■クマに会わないようにするには

 ・畑や山に行くときは鈴や音の出るものを携帯してください。

 ・クマの活動時間帯である明け方や夕暮れ時の外出は注意してください。

■クマに会ってしまったら

 ・クマとの間に十分な距離があれば、すぐにその場から離れてください。

 ・出会い頭に遭遇した場合は、クマが立ち止まっていたら、騒がず、慌てて逃げたり

 せず、クマに向き合ったままゆっくりと後退してください。

 ・クマが襲ってきたら、抵抗せず腹ばいになり、両手で首の後ろをガードしてく

 ださい。荷物を背負っていれば背中は守られ、一番大切な頭部は守られます。

 ・「死んだフリ」は絶対におやめください。俗説であり、非常に危険な行為です。

■出没情報を提供してください

 ・クマを目撃した際には、すみやかに警察署又は消防署、市役所にご連絡ください。

 情報の提供により、パトロールや集団下校などの安全対策が迅速に対応できます。

 ・提供していただきたい情報は、場所・時間・被害状況(被害の場合)です。