映画「泣く子はいねぇが(仮)」
男鹿を舞台とした映画製作が決定!

1月10日、映画「泣く子はいねぇが(仮)」の製作発表が行われました。
 
本作では青春の終わりをテーマに、迷いながら大人になっていく20代の若者たちの姿が描かれ、『男鹿のナマハゲ』が重要な役割を担っており、撮影の大部分を男鹿市で行うことが予定されています。

監督は秋田市出身の佐藤快磨(たくま)さん。
父になることそして、正しく生きることとはどういうことなのかを描いていきたい」と、制作への熱意を話しました。

会見には菅原市長も同席し、「世界に向けてなまはげのすばらしさを伝えるきっかけになる。さらに、映画をきっかけとした地域のまとまりが深まる。応援の輪を広げたい」と呼びかけました。

男鹿市では「佐藤監督を応援する会」を立ち上げ、郷土料理の炊出しよるおもてなし、撮影サポートを行うこととしております。

【エキストラ・ボランティアの募集について】
 
▼撮影期間
①1月28日~1月30日
②2月後半~3月中旬
▼撮影場所:男鹿市内・秋田市内・都内近郊
▼募集対象:老若男女
▼応募方法:下記サイトにアクセスしご登録ください。
 
【佐藤監督を応援する会へのご協賛について】
 
▼お問合せ:男鹿市観光協会
TEL:0185-24-4700 FAX:0185-24-5700 E-mail:ogakk@namahage.ne.jp