2018年にユネスコ無形文化遺産に登録された全国10行事の「来訪神:仮面・仮装の神々」

行事に携わる方々が冬の男鹿に集まり、行事を紹介し「しゃべり」ながら、これからの来訪神行事について考え、次の世代につないでいくことを目指します。

 

日 時   令和2年 2月7日(金) 13時~

会 場   男鹿市民文化会館 大ホール

内 容   講演・解説  文化庁文化財第一課  主任文化財調査官 小林 稔 氏

          シンポジウム 「来訪神しゃべり」 

  テーマ   来訪神行事を将来へつなぐ

       コーディネーター   天野 荘平  氏(男鹿市菅江真澄研究会 会長)

       パネリスト            全国の来訪神行事 9保存会のみなさん

 

来訪神行事 実演

         能登のアマメハギ(石川県輪島市 能登のアマメハギ・面様年頭保存会)

遊佐のアマハゲ  (山形県遊佐町 遊佐のアマハゲ保存会)

          米川の水かぶり  (宮城県登米市 米川の水かぶり保存会)

吉浜のスネカ    (岩手県大船渡市 吉浜スネカ保存会)

                       男鹿のナマハゲ

         

 ★★全国の来訪神を近くで感じられるこの機会に、みなさまぜひお越しください!       

                 詳しくはこちら! →  来訪神サミット2020 in Oga [1834KB pdfファイル]