名称 検地帳
所在地 野石字大場沢下1-41(男鹿市教育委員会)
種別 有形文化財(歴史資料)
指定年月日 平18.5.1 市指定文化財

 検地とは領主が所領把握のために村を単位に行った土地調査のことです。村内の土地を一筆ごとに調査し、石高から年貢の基準額を査定しました。名請人は検地によって決められた年貢を納めることと引き換えに、土地の所有権が保証されました。その結果を各村ごとにまとめたのが検地帳です。この検地帳は若美地区の、享保9年(1724年)福米沢村の検地から文久元年(1861年)角間崎村までの11冊の検地帳です。