12月18日、パートナー協定締結式を開催

2018年12月18日、株式会社エフティ資生堂様と「パートナー協定」を締結しました。

 

 

この度の協定は、資生堂グループの”社の花”と当市の”市の花”が同じ椿の花であるというご縁に始まり、両者の発展に資することを目的としています。

エフティ資生堂は「TSUBAKI」といったヘアケア製品や、「UNO」「専科」「シーブリーズ」などのメンズ、スキンケア、ボディー製品などを扱う企業です。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「男鹿のナマハゲ」の文化や男鹿温泉郷・自然などをはじめとする男鹿の豊かな観光資源と、エフティ資生堂の商品・サービスの掛け合わせにより”地域×ブランド”という体験を確立し、ビジネスを通じて地域課題の解決に取り組む新しい共創関係を築いてまいります。

本協定の期間は2020年3月末日までとしています。

 

具体的な取り組み内容については、内容が決まり次第今後市ホームページや男鹿市広報等でお知らせいたします。