第13回ユネスコ無形文化遺産保護条約政府間委員会において、男鹿のナマハゲ」を含む全国の来訪神行事10件が「来訪神:仮面・仮装の神々」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

地域の結びつきや世代を超えた交流を深める絆の役割を果たし、伝承されてきたことが世界的に評価されました。

 「来訪神:仮面・仮装の神々」

甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)

男鹿のナマハゲ(秋田県男鹿市)

能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)

宮古島のパーントゥ(沖縄県宮古島市)

遊佐の小正月行事 アマハゲ(山形県遊佐町)

米川の水かぶり(宮城県登米市)

見島のカセドリ(佐賀県佐賀市)

吉浜のスネカ(岩手県大船渡市)

薩摩硫黄島のメンドン(鹿児島県三島村)

悪石島のボゼ(鹿児島県十島村)

 これまでの経緯 

平成21年 9月  「甑島のトシドン」がユネスコ無形文化遺産代表一覧表に記載される。

平成23年11月  「男鹿のナマハゲ」が「情報照会」の決定を受ける。

平成28年 3月  「甑島のトシドン」を拡張し、「男鹿のナマハゲ」を含む国指定重要無形民俗文化財を「来訪神:仮面・仮装の神々」としてグループ化して提案。

平成28年 6月  ユネスコ審査件数の上限を上回る提案が各国よりあったため、審査が1年先送りされる。

平成29年 3月  「来訪神:仮面・仮装の神々」を再提案。

平成30年10月  評価機関より「記載」の勧告を受ける。

平成30年11月  政府間委員会において登録される。

市長コメント

本日、ユネスコ無形文化遺産保護条約政府間委員会において「男鹿のナマハゲ」を含む「来訪神:仮面・仮装の神々」がユネスコ無形文化遺産への登録が正式に決定しました。

平成23年、「男鹿のナマハゲ」がユネスコ審査において「情報照会」となり、その間、登録に向けてご尽力いただいた全ての方々に感謝するとともに、この喜びを市民とともに分かち合いたいと思います。

地域に脈々と受け継がれてきたこの行事は、悪い心を戒め、災いを祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす男鹿の誇るべき文化です。この文化が世界に認められたことは大変誇らしく、ナマハゲ行事の保存・伝承への励みになります。

この登録を契機とし、改めてナマハゲ行事を地域の「元気力」につなげるとともに、この文化の魅力を国内外に発信し、インバウンド誘致など更なる観光振興にも努めてまいります

 関連

 ・文化庁報道発表 

 ・男鹿のナマハゲ