名称 板碑(観応2年)
所在地 男鹿中山町字家ノ下118(稲荷神社)
種別 有形文化財(歴史資料)
指定年月日 平10.3.17 市指定文化財

 稲荷神社境内にある南北朝時代の板碑です。高さ180cm、幅74cm、輝石安山岩製で「南無阿弥陀仏、観応2年(1351年)」などの多数の文字が彫られています。南無阿弥陀仏などの名号などが彫られていることから、浄土宗系の板碑ではないかと考えられています。