名称 天保のききん供養塔
所在地 船越字一向98-2(男鹿市教育委員会)
種別 有形文化財(歴史資料)
指定年月日 平13.2.22 市指定文化財

 江戸時代最大の飢饉といわれている天保4年(1833年)の飢饉では、男鹿半島で2,559人が餓死したといわれており、この人たちを供養するため、船越の鈴木重孝、太田吉太郎、宮沢の佐藤新三郎が弘化3年(1846年)に建てたものです。この碑は後世の人々に飢饉の惨状を警告しているとともに、当時の社会現象を考える上で貴重な歴史資料です。