名称 天神様の細葉の椿
所在地 脇本脇本字七沢35(菅原神社)
種別 記念物(天然記念物)
指定年月日 平9.4.11 市指定文化財

 脇本バイパスのトンネル上方、菅原神社境内にある、樹高4m、根元回り95cm、樹齢400年以上のヤブツバキの一種です。菅江真澄が著した『男鹿の秋風』にも細葉の椿という古木があると書かれています。やはり普通のものより細い葉に注目したのだろうと考えられます。花は4月25日の菅原神社祭典の頃が盛りで、淡紅色の花弁をつけます。