名称 石仏龕(せきぶつがん)
所在地 戸賀加茂青砂字鴨86(加茂青砂集落)
種別 有形文化財(考古資料)
指定年月日 昭58.2.21 市指定文化財

 石仏龕(せきぶつがん)とは石室の中に仏像を安置したものをいいます。この石仏龕は三枚の岩を板状に加工して箱形に組み合わせ、その上に屋根石を載せています。前方に石の扉がついていたと思われますが、現在は欠けており、内部には肉厚8cm、高さ23cmの阿弥陀如来像が彫られています。年号は見られませんが、鎌倉時代の終わり頃の石造遺物と考えられます。現在のところ、県内でも類例のない貴重なものです。