名称 須恵器系壷
所在地

船川港船川字泉台66-1(男鹿市教育委員会)

種別 有形文化財(考古資料)
指定年月日 平18.5.1 市指定文化財

 この壷は昭和の初め、船川港双六地区の道路工事現場で発見されたものです。これは古代から須恵器の技術を継承し、中世に生産を開始した能登半島の珠洲焼(すずやき)の製品とよく似ており、日本海側の広い範囲に流通した製品、またはそれを模倣して生産された在地の製品と考えられます。製作年代は13世紀から14世紀第3四半紀と考えられており、火葬骨を納める骨蔵器(こつぞうき)としての用途が多いとされています。