名称 五輪塔群
所在地 (個人)
種別 有形文化財(歴史資料)
指定年月日 昭49.6.11 市指定文化財

 五輪塔(ごりんとう)は密教で造られはじめた塔で、下から方・円・三角・半月・団方からなる五輪とし、これを地・水・火・風・空の五大を表すものとします。供養塔や墓標などに用いられました。
この五輪塔は高さ172.5cm巨大で、男鹿半島西海岸にある加茂青砂の石を用いており、制作年代は鎌倉時代末期から南北朝期頃と推定されています。この時代の遺品としては県内には例を見ない優品です。