名称 木造薬師如来像
所在地 北浦真山字水喰沢95(真山神社)
種別 有形文化財(彫刻)
指定年月日 昭28.10.5 県指定文化財

真山神社は、はじめ天台宗で遍照院光飯寺(へんしょういんこうぼうじ)といい、後に真言宗に改修し、明治時代のの神仏分離令以後に神社となりました。本薬師如来像は光飯寺当時の本地仏であり、高さ約70cmで、ヒノキ材の寄木造です。制作年代は室町時代といわれています。