名称 木造十一面観音菩薩立像
所在地 船川港本山門前字祓川35(赤神神社)
種別 有形文化財(彫刻)
指定年月日 昭27.11.1 県指定文化財

十一面観音菩薩立像は、救済者としての観世音菩薩の種々の能力を十一の顔で表したもので、五社堂内に安置されています。高さ約1.8mの一木造で、細身のためか穏やかな表情をしており、鎌倉時代の地方仏師の作であろうと考えられています。