名称 男鹿のまるきぶね
所在地 船川港船川字海岸通2-14-2 市民文化会館内
種別 重要有形民俗文化財
指定年月日 昭40.6.9

 男鹿で造られる丸木舟は、真山・本山にある樹齢300年以上の一本の秋田杉をくり貫いて造ります。岩礁の多い男鹿の海では、岩場の海草、貝類の採取など沿岸の仕事には欠くことができない舟です。この丸木舟は昭和26年に作製され、加茂青砂の海で実際に使われていたものです。