名称 男鹿のナマハゲ
所在地 男鹿市
種別 重要無形民俗文化財
指定年月日 昭53.5.22

 

 12月31日の夜、赤鬼・青鬼が髪をふり乱し、角を突き出し、耳まで裂けた口には鋭いキバの面をつけ、体じゅうをワラのケダシで覆い、手には出刃包丁などを持って、「ウォー」「ウォー」とさけび村々の家を廻り歩きます。このナマハゲは集落の未婚の青年達が扮装したもので、この夜は無礼講になまけ者をこらしめ、「家内安全・大漁豊作」等を唱え退散します。その昔、漢の武帝が5匹の鬼を従えて男鹿に上陸した。その後この鬼が村人と五社堂の石段造りの賭けをして負け、鬼の祟りをおそれて年に一度、鬼に化けた若者をもてなしたのがはじまりと言われています。

 

 

 

男鹿のナマハゲに関する情報満載のページです!

 

 

上記リンクは平成23・24年度 文化庁文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業にて、男鹿市文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業実行委員会が作成したページです。