微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に浮遊する粒子状物質(Particulate Matter)のうち、粒径2.5マイクロメートル(μm)以下のものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼んでいます。PM2.5は粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入り込みやすく、人への健康影響が懸念されています。

PM2.5の環境基準:1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。(平成21年9月9日告示) ※1μg = 0.001mg = 0.000001g (μg:マイクログラム)

詳しくは環境省のサイト(http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html)をご覧下さい。

 

県内の測定体制について

秋田県では、由利本荘市、男鹿市、能代市、横手市の4箇所でPM2.5の測定を行っています。このほか、秋田市では将軍野測定局と茨島自動車排ガス測定局の2箇所で測定が行われています。

名  称 所 在 地 設置年月
能代西測定局 能代市常盤町(能代工業高校) 平成24年1月
横手測定局 横手市旭川(平鹿地域振興局福祉環境部) 平成24年11月
本荘測定局 由利本荘市桜小路(尾崎小学校) 平成25年6月
船川測定局 男鹿市船川港船川字泉台(男鹿市役所近隣)

平成25年6月

将軍野測定局 秋田市土崎港北(土崎駅東第三街区公園地内) 平成23年4月
茨島自動車排ガス局 秋田市茨島(秋田市茨島体育館地内) 平成25年2月

 秋田県内の測定値の状況について

秋田県内の測定値の状況については秋田県のサイト(http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1360634982877/)をご覧ください。

※ 現在、PM2.5濃度は環境基準の1年平均値 15 μg/m3 を下回るレベルで推移しています。