未熟児養育医療

未熟児養育医療とは

 身体の発育が未熟なまま出生し、医師が入院養育を必要と認めた乳児に対し、必要な医療(養育医療)を給付する制度です。
 ※養育医療の給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での治療に限られます。

 対象者

 出生時の体重が2,000g以下、または身体の発育が未熟なまま出生した満1歳未満の乳児

 対象となる医療

 ○入院中の診察・処置・看護や薬剤・治療材料など
 ○入院中の食事代(ミルク代)

 養育医療の給付を受けるには

 養育医療の給付を受けるには、申請が必要です。
 指定養育医療機関に入院した日から1ヶ月以内に手続きをして下さい。

 申請に必要なもの

   ○養育医療意見書(様式第2号 [41KB pdfファイル] ) 
             ※医師が記入

   ○養育医療給付申請書(様式第1号 [34KB pdfファイル] )
            ※申請者(扶養義務者)が記入

   ○世帯調書(様式第3号 [17KB pdfファイル] )
            ※申請者(扶養義務者)が記入

   ○お子さんの健康保険証

   ○印鑑

   ○家族全員の所得税等を確認する書類
    ※課税証明書または非課税証明書、源泉徴収票または確定申告書の写しなど

 申請受付は

  男鹿市役所生活環境課 

 自己負担額について

 養育医療の給付を決定した場合、養育医療券を交付しますので、指定養育医療機関へ提示して下さい。
 入院治療でかかった金額(医療費-保険分)については市が負担しますので、医療機関窓口で支払っていただく必要はありません。
 ただし、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じますが、男鹿市ではこの自己負担金について福祉医療費制度により助成しています。
 ※福祉医療制度による助成を受けるには、養育医療給付とは別に申請が必要です。

  ○医療費の助成
  ○福祉医療制度の申請について