ごみの不法投棄は、地域の景観を損なうだけではなく、生活環境の悪化や自然環境の破壊にもつながる行為です。

 不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されており、違反すると5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科せられます。

 市では、不法投棄監視員によるパトロールや不法投棄防止看板を設置し防止に努めるとともに、悪質な不法投棄については男鹿警察署と連携しながら対応しています。