男鹿市の情報を広く発信し、移住促進や既存移住者の定住サポート等、移住者へのきめ細かい支援を業務とする地域おこし協力隊員を募集します。

 

業務概要

 

 ①   空き家調査・紹介等

 ②   移住希望者からの相談対応

 ③  移住後のサポート、受入体制のサポート

④ 地域のしごとの発掘

  本市の暮らし・魅力・移住に関し、SNS等を利用した情報発信

 ⑥  移住希望者向けイベントの企画運営参加

 ⑦ その他移住定住促進に関する業務全般

 

 

応募要件

 ・概ね社会人経験が3年以上で45歳未満の方(着任日現在)

 ・3大都市圏内の都市地域(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない地域)、もしくは政令指定都市に居住している方で、採用後に当該地域から男鹿市に生活拠点を移し、住民票の異動ができる方

   ※詳細は、総務省「地域おこし協力隊」のホームページに掲載されている「特別交付税措置に係る地域要件確認表」の秋田県男鹿市の欄をご覧ください。

 

  リンク:総務省HP 地域おこし協力隊ページ

 ・普通自動車運転免許を所持している方

 ・パソコン(メールの送受信、Word及びExcelの操作)の操作及びホームページの編集、SNS等を活用した情報発信に意欲的に取り組める方

 ・最長3年間の活動期間終了後も、男鹿市に定住し、就業・起業する意欲のある方 など。

 

募集人数

 1名

 

勤務時間

 ・9時00分~17時00分

 (うち休憩1時間、17時間勤務)

 ・原則週5日勤務

 

 

雇用形態・期間

 ・市の会計年度任用職員として委嘱します。(雇用関係あり)

 

 ・雇用期間は、採用の日から令和3年331日までとします。なお、従前の勤務実績に基づく

  能力の実証により、再度の任用を行う場合があります。(最長期間36箇月)

 


給与等

 ・月額166,165円 

  ※期末手当の支給あり

  ※通勤距離により通勤手当相当の費用弁償支給あり 

 


応募方法

 ・市販の履歴書(顔写真添付)に必要事項を記入し、地域おこし協力隊活動計画書、住民票の写し(転出地の確認のため)と一緒に下記の応募先まで送付してください。

 ※職歴については詳細に記入してください。

  ※提出書類は返却しません

 ・令和2年2月28日(金)必着

 【提出先】

  〒010-0595 秋田県男鹿市船川港船川字泉台66-1

  男鹿市総務企画部企画政策課 移住定住促進班

 


募集期間

 令和元年12月27日(金)~令和2年2月28日(金)

  ※募集・任用詳細は要項をご確認ください。

  地域おこし協力隊募集要項.pdf [179KB pdfファイル] 

  地域おこし協力隊活動計画書.doc [30KB docファイル] 


 選考方法

 ・第1次選考  書類審査

 ・第2次選考  面接(第1次選考合格者のみ)


問い合わせ先

男鹿市総務企画部企画政策課 移住定住促進班 加藤・村井

電話番号:0185-24-9122

FAX:0185-23-2922

e-Mail:kikaku@city.oga.akita.jp