趣旨

 軽自動車と小型の普通自動車との間の税負担水準格差の見直しなどを進めるため、平成28年度から原動機付自転車や四輪の軽自動車等の軽自動車税の税率が引き上げられております。
 小型特殊自動車についても、これら軽自動車税の税率との均衡を図り、平成29年度から税率が引き上げとなります。

税率

小型特殊自動車(農耕作業用・その他)

 購入や登録の時期にかかわらず、すべての車両について平成29年度分の軽自動車税から新税率が適用されます。

農耕作業用

乗用装置があるもので、最高速度が時速35km未満のもの
(トラクター・コンバイン・田植え機・農業用薬剤散布車等)

その他

最高速度が時速15km以下のもの
規格:長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下
(フォークリフト・ショベルローダー・ロードローラー等)

 

車種区分 税率(年税額)
平成28年度まで 平成29年度から
小型特殊自動車 農耕作業用

1,600円

2,400円
その他 4,700円 5,900円

 

 農耕作業用自動車の申告・納税について

 農耕作業用自動車は、道路運送車両法により最高速度が時速35km未満のものは小型特殊自動車の扱いとなっており、地方税法により小型特殊自動車の所有者等は軽自動車税の納税義務を負うこととされています。
 該当する車両を取得した方または既に所有しているが未届の方(ナンバープレートを持っていない方)は、「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」による届出が必要となりますので、男鹿市役所税務課か若美支所で手続きをお願いします。手数料は無料です。

※農耕作業用自動車の届出は道路を走行することの有無に関係なく必要です。

※最高速度が時速35km以上のものは大型特殊自動車となり、秋田運輸支局での手続きが必要です。大型特殊自動車は固定資産税(償却資産)の対象となりますので、該当資産を所有している方は男鹿市役所税務課に償却資産の申告が必要です。

問い合わせ先

税務課課税班 軽自動車税担当 電話:0185-24-9135(直通)