秋田大学男鹿なまはげ分校と共催で、船川第一小学校体育館を会場にして小学生を対象にした理科実験教室を開催しました。

当日は、秋田大学理工学部の加藤純雄准教授、小笠原正剛講師と、外部講師として佐藤寛次先生、井原博之先生、野村正幸先生、佐藤永喜先生、佐藤和博先生、千葉哲吉先生の6名の先生方、さらに21名の学生が準備した実験コーナーで、男鹿市内約60名の小学生がスライムやスタンプを作ったり、わくわくドキドキするような実験を楽しんだりしました。

開始式、「お世話になる先生方お願いします。」      巨大シャボン玉にすっぽり。

 

   不思議、振り子がどんどん振れていく。              手作り電池の完成!!

 

    私だけの香水を作ってみよう。                                       色があっという間に変化していく。

 

 液体窒素がどんどん湯気みたいにあふれてくるね。                               大人気のスライムコーナー