容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)に基づき、本市における容器包装廃棄物の排出見込量等を示す「第8期市町村分別収集計画」を策定しました。

 

 この計画は、3年ごとに、5年を一期として策定するもので、今回は、平成29年4月を始期とする第8期(平成29~33年度)についての分別収集計画を策定しました。

 

 計画の対象となる容器包装廃棄物は、スチール缶、アルミ缶、ガラスびん(無色、茶色、その他)、段ボール、ペットボトルの7種類で、その他として、古紙類(古新聞、雑誌類)と、平成28年度からペットボトルキャップとプルタブも追加しました。

 

ダウンロード

第8期分別収集計画【概要版】.pdf [72KB pdfファイル] 

第8期分別収集計画【冊子】.pdf [159KB pdfファイル] 

容器包装廃棄物量見込算定方法【資料】.pdf [36KB pdfファイル]