妊娠がわかったら

 妊娠がわかったら、母子健康手帳と妊婦産婦健康診査受診票の交付を受けてください。母子健康手帳は、妊娠中の経過や生まれてからのお子さんの健康を記録するとともに育児に役立つ情報がたくさん掲載されています。予防接種や健診などにも必要となりますので大切に保管してください。

妊婦健診・相談・訪問

検診などの種類 内容
母子健康手帳交付

妊娠がわかったら早い時期に保健センターに妊娠届を提出し、母子健康手帳と、妊産婦健康診査受診票の交付を受けてください。妊婦さんが安心して、妊娠・出産・育児を迎えられるよう、保健師が妊娠・出産等の心配事にお応えしたり、母子保健サービスをご紹介します。

・原則として、マイナンバー(個人番号)の記載が必要です。妊婦さん本人のマイナンバー通知カード(または個人番号カード)をお持ちください。

・出産予定日、健診を受ける医療機関(医師名)が分かるものがありましたらお持ちください。

届出者:原則、妊婦さんご本人がお越しください。

※ご本人が保健センターに来られない時は保健センターにご連絡ください。

妊婦健康診査等

妊娠中の健康管理と疾病の早期発見、早期治療に努め、安全な妊娠と出産を図るための妊娠健康診査受診票を交付します。また、産後に使用する「産後1か月健康診査受診票」と「母乳育児相談補助券」もあわせて交付します。

 【男鹿市へ転入された方へ】

転入された方には、新たに男鹿市の妊婦健康診査受診票を発行しますので、転入前に交付された未使用分の受診票を持参し、保健センタ-へお越しください。

 【男鹿市外へ転出される方へ】

男鹿市外へ転出される方は、転出先の市町村で妊婦健康診査受診票の再交付を受けてください。

妊婦家庭訪問

母子健康手帳交付後、本人や関係者よりご希望があった時に保健師・助産師・臨床心理士・栄養士が指導・相談を行い、必要に応じて家庭訪問もいたします。

健康相談や家庭訪問を希望の方は保健センターにご連絡ください。