平成29年度男鹿市保育園保育料徴収金額表

2号・3号認定【標準時間】

基    準 市 階 層 国 階 層 3歳未満児 3歳以上児の場合
 3歳児  4歳児以上
生活保護世帯 A 第1 0 0 0
市町村民税非課税世帯 B 第2

4,200

※    0

2,900

※    0

2,900

※    0

均等割額のみ

(所得割額のない世帯)

C1 第3

13,400

※  6,700

10,500

※  4,500

10,500

※  4,500

所得割額が5,000円未満 C2

13,900

※  6,700

11,400

※  4,500

11,400

※  4,500

所得割額が48,600円未満 C3

15,900

※  6,700

14,100

※  4,500

14,100

※  4,500

所得割額が51,500円未満 D1 第4
 

17,500

※  6,700

16,000

※  4,500

16,000

※  4,500

所得割額が55,000円未満 D2

19,200

※  6,700

16,500

※  4,500

16,500

※  4,500

所得割額が60,000円未満 D3

20,800 

※  6,700

18,100

※  4,500

18,100

※  4,500

所得割額が75,000円未満 D4

22,700 

※  6,700

19,900

※  4,500

19,900

※  4,500

所得割額が77,101円未満  D5

26,800

※  6,700

23,500

※  4,500

23,500

※  4,500

所得割額が97,000円未満 26,800 23,500 23,500
所得割額が118,000円未満 D6 第5 29,000 25,400 25,000
所得割額が169,000円未満 D7 33,400 31,000 26,000
所得割額が301,000円未満 D8 第6 42,000 32,300 27,100
所得割額が397,000円未満

D9

第7 52,900 33,300 27,900

○※は、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村の長が認めた世帯)の額。

○教育・保育施設等を同時に利用する小学校就学前の児童のうち、最年長の子どもから順に2人目半額、3人目以降については無料となります。

○第1子の年齢に関わらず、市民税非課税世帯は第2子以降無料、市民税所得割額57,700円未満の世帯は、第2子半額、第3子以降無料となります。

○ひとり親世帯等については、市民税非課税世帯は第1子以降無料、市民税所得割額77,101円未満の世帯は第2子以降無料となります。

 

 

 2号・3号認定【短時間】

基    準 市 階 層 国 階 層 3歳未満児 3歳以上児の場合
 3歳児  4歳児以上
生活保護世帯 A 第1 0 0 0
市町村民税非課税世帯 B 第2

4,200

※    0

2,900

※    0

2,900

※    0

均等割額のみ

(所得割額のない世帯)

C1 第3

13,200

※  6,700

10,300

※  4,500

10,300

※  4,500

所得割額が5,000円未満 C2

13,700

※  6,700

11,200

※  4,500

11,200

※  4,500

所得割額が48,600円未満 C3

15,600

※  6,700

13,900

※  4,500

13,900

※  4,500

所得割額が51,500円未満 D1 第4
 

17,200

※  6,700

15,700

※  4,500

15,700

※  4,500

所得割額が55,000円未満 D2

18,900

※  6,700

16,200

※  4,500

16,200

※  4,500

所得割額が60,000円未満 D3

20,500 

※  6,700

17,800

※  4,500

17,800

※  4,500

所得割額が75,000円未満 D4

22,400 

※  6,700

19,600

※  4,500

19,600

※  4,500

所得割額が77,101円未満  D5

26,400

※  6,700

23,100

※  4,500

23,100

※  4,500

所得割額が97,000円未満 26,400 23,100 23,100
所得割額が118,000円未満 D6 第5 28,600 25,000 24,600
所得割額が169,000円未満 D7 32,900 30,500 25,600
所得割額が301,000円未満 D8 第6 41,400 31,800 26,700
所得割額が397,000円未満

D9

第7

52,200

32,800

27,500

○※は、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村の長が認めた世帯)の額。

○教育・保育施設等を同時に利用する小学校就学前の児童のうち、最年長の子どもから順に2人目半額、3人目以降については無料となります。

○第1子の年齢に関わらず、市民税非課税世帯は第2子以降無料、市民税所得割額57,700円未満の世帯は、第2子半額、第3子以降無料となります。

○ひとり親世帯等については、市民税非課税世帯は第1子以降無料、市民税所得割額77,101円未満の世帯は第2子以降無料となります。

  

船川保育園教育認定

基    準 市 階 層 国 階 層  
 3歳児  4歳児以上
生活保護世帯 A 第1 0 0
市町村民税非課税世帯 B 第2

2,100

※    0

2,100

※    0

均等割額のみ

(所得割額のない世帯)

C1 第3

3,000

※    0

3,000

※    0

所得割額が5,000円未満 C2

8,500

※  2,200

8,500

※  2,200

所得割額が48,600円未満 C3

10,500

※  2,200

10,500

※  2,200

所得割額が51,500円未満 D1 第4
 

12,000

※  2,200

12,000

※  2,200

所得割額が55,000円未満 D2

12,300

※  2,200

12,300

※  2,200

所得割額が60,000円未満 D3

13,500

※  2,200

13,500

※  2,200

所得割額が75,000円未満 D4

14,100

※  2,200

14,100

※  2,200

所得割額が77,101円未満  
D5

14,100

※  2,200

14,100

※  2,200

所得割額が97,000円未満 17,600 17,600
所得割額が118,000円未満 D6 第5 19,000 18,700
所得割額が169,000円未満 D7 20,500 19,500
所得割額が211,201円未満 D8 第6 20,500 20,300
所得割額が301,000円未満 24,200 20,300
所得割額が397,000円未満

D9

第7 24,900

20,900

○※は、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村の長が認めた世帯)の額。

○同一世帯から就園している児童及び小学校3年生までの兄・姉を有する園児について、最年長の子どもから順に2人目半額、3人目以降については無料となります。

○第1子の年齢に関わらず、世帯年収約360万円未満(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は、第2子半額、第3子以降無料となります。

○ひとり親世帯については、世帯年収約270万円まで(市民税非課税世帯)は第1子以降無料、世帯年収約360万円まで(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は第1子2,200円、第2子以降無料となります。

○市町村民税非課税世帯の第2子は無料となります。

 

若美幼稚園

・平成29年度入園児童の保育料

基   準 国階層 金   額
生活保護世帯 第1

市民税非課税世帯

(所得割非課税世帯含む)

第2

2,200

※    0

所得割額が77,100円以下 第3

8,800

※  2,200

所得割額が211,200円以下 第4

11,200

上記区分以外の世帯 第5 14,100

 ※平成28年度から保育料が段階的に引き上げられ、平成30年度にはいづみ幼稚園と同じ基準・金額になります。 

○※は、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村の長が認めた世帯)の額。

○同一世帯から就園している児童及び小学校3年生までの兄・姉を有する園児について、最年長の子どもから順に2人目半額、3人目以降については無料となります。

○第1子の年齢に関わらず、世帯年収約360万円未満(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は、第2子半額、第3子以降無料となります。

○ひとり親世帯については、世帯年収約270万円まで(市民税非課税世帯)は第1子以降無料、世帯年収約360万円まで(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は第1子2,200円、第2子以降無料となります。

○市町村民税非課税世帯の第2子は無料となります。

 

●保育料についてはこちらをご覧ください。

若美幼稚園の保育料について.pdf [156KB pdfファイル] 

  

 

いづみ幼稚園

基   準 国階層 金   額
生活保護世帯 第1

市民税非課税世帯

(所得割非課税世帯含む)

第2

2,200

※    0

所得割額が77,100円以下 第3

12,000

※  2,200

所得割額が211,200円以下 第4 15,300
上記区分以外の世帯 第5 19,200

○※は、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村の長が認めた世帯)の額。

○同一世帯から就園している児童及び小学校3年生までの兄・姉を有する園児について、最年長の子どもから順に2人目半額、3人目以降については無料となります。

○第1子の年齢に関わらず、世帯年収約360万円未満(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は、第2子半額、第3子以降無料となります。

○ひとり親世帯については、世帯年収約270万円まで(市民税非課税世帯)は第1子以降無料、世帯年収約360万円まで(市民税所得割額77,101円未満)の世帯は第1子2,200円、第2子以降無料となります。

○市町村民税非課税世帯の第2子は無料となります。

 

すこやか子育て支援事業

子育て家庭を経済的に支援するため、県と市が協力し、保育料の助成を行っています。平成27年4月から「子ども子育て支援新制度」がスタートしたことに合わせて、保育料階層による基準へと変更となりました。また、平成28年度からは、本事業に該当する世帯に、平成28年4月2日以降に第3子以降の児童が生まれた場合、生まれた児童の施設の利用に関わらず、第2子以降の保育料が全額助成されることになります。

※平成28年度から入園する第3子以降の児童については、所得の状況等により保育料がかかる場合があります。

助成率

 ●2号認定子ども、3号認定子ども(保育園、認可外保育施設)

世帯区分(国階層) 県と市による助成
         ひとり親
第2、第3階層 1/2

1/2

第4、第5階層 1/4 1/2
第6、第7階層 非該当 非該当

 

●1号認定子ども(幼稚園) 

世帯区分(国階層) 県と市による助成
         ひとり親
第2、第3階層 1/2

1/2

第4階層 1/4 1/2
第5階層 非該当 非該当

※船川保育園教育認定については、若美幼稚園・いづみ幼稚園と同じ基準になります。

 

 平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた方へ
生まれた児童の施設の利用に関わらず、第2子以降の保育料が全額助成されます。(現在すこやか子育て支援事業の助成対象外となっている世帯は対象になりません。保育園利用者の世帯年収約640万円まで、幼稚園利用者の世帯年収約680万円までの所得制限があります。)該当になる方は、戸籍謄本を添付のうえ、申請してください。 

 

助成方法

  • 公立施設…毎月の保育料から助成額を免除します(例外あり)
  • 私立施設…園へ直接お問い合わせください

 

経過措置について

制度改正に伴い、平成26年度末時点で該当していて、新たな基準では該当しなくなる方のうち、次の条件を満たしている場合は保育料の一部を助成します。

・対象となる児童

 (1)平成27年3月31日時点で、県のすこやか子育て支援事業の助成対象となっていること。

 (2)平成27年4月1日以降も施設を利用すること。

 (3)平成27年4月1日以降適用の判定基準ですこやか子育て支援事業の助成対象とならないこと。

 (4)次の表による市町村民税所得割課税額を超えないこと。

扶養人数

父または母の

市民税所得割額

扶養義務者の

所得割額

0人 118,900円 249,400円
1人 138,900円 262,800円
2人 158,900円 274,100円
3人 178,900円 285,400円
4人 1人増すごとに+2万円 1人増すごとに加算あり