粗大ごみの収集が有料化されました。これに併せて、収集方式が今までの「ステーション方式」から「戸別収集方式」に変わり、粗大ごみを収集場所まで運ぶ必要がなくなりました。詳しい収集方法については、パンフレットをご参照ください。

  • 収集方式:戸別収集方式(庭先まで収集業者が伺います)
  • 収集は有料:下記のパンフレットに記載した料金になります。

回収を依頼する場合

 回収を依頼する際には、「粗大ごみ受付センター」にご連絡ください。

  • 電話番号:0120-12-5383(フリーダイヤルですので、電話料金はかかりません)
  • 受付時間:月曜~金曜日まで(土曜・日曜・祝日及び1月1日~3日は受付できません)

下記は、粗大ごみとして出してはいけないものの一例です。

 家電5品目…テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機
※家電リサイクル法により、リサイクルが義務づけられているテレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機の5品目を処分したい場合、又はその製品を買った小売店がわからない場合は、環境大臣の指定を受けた下記の業者にご相談ください。

○ リサイクル料金がかかりますので、相談時に確認してください。

○ 下記業者に処分を依頼する場合、家電リサイクル券が必要となりますので、お近くの取扱店にお問い合わせください。

○ 下記業者は引取りのみ行います。移動手段が無い等持参できない場合は生活環境課までご連絡ください。運搬する業者を紹介します。(別途料金がかかります。)

業者名 電話番号
男鹿清掃興業株式会社 0185-35-3535
日本通運株式会社「家電リサイクルセンター」 0120-537-915

 

パソコン…

ディスクトップパソコン本体、ノートパソコン、ディスプレイ、キーボード、マウス、ケーブルなど
(各メーカーまたは取扱店へご相談ください。)

適正処理困難物…

ガスボンベ、消火器、廃油、バッテリー、耐火金庫、ピアノ、農薬、塗料など
(取扱店または、専門業者へ依頼してください。 業者は紹介します)

産業廃棄物…

家屋廃材、農業廃材(ハウスパイプ、ビニール、肥料袋等)、農機具など
(産業廃棄物処理業者へ依頼してください。 業者は紹介します)