CO2削減のために車のアイドリングストップにご協力ください!

 エンジンを始動させる時の燃料量と、アイドリングを5秒間停止させることで節約される燃料量はほぼ同じであります。このため、5秒以上停車する際にはアイドリングストップを行うことで燃料消費量を削減することにより、CO2排出量を削減できます。
また、乗用車では、1日10分間のアイドリングストップによって、年間約120kgのCO2排出量を削減することができます。

(例)
2000cc・ガソリン車の場合(エアコンOFF)10分間のアイドリングで約140ccの燃料消費となる

140cc(10分間)×365(日)=51.1ℓの節約

51.1ℓ×2.32kg/ℓ(ガソリンの二酸化炭素排出係数)≒118.6kg=120kgの排出量の削減