地方道路交付金事業(地方道路整備臨時交付金)とは

 一定の地域において、地域の課題に対応し、複数一体として行われる県道及び市道の事業に対して地方道路整備臨時交付金を交付することにより、地方の創意・工夫を活かした個性的な地域づくりを推進することを目的として創設された事業です。

 近年において種々の制度改革や運用改善がなされ、現在は目標達成に要する費用を対象事業(パッケージ)に対して配分し事後評価する制度となっています。