「空き家・空き地バンク」の目的と概要

 「空き家・空き地バンク」は、男鹿市内の空き家・空き地の有効活用を通して、交流人口の拡大や定住の促進を進め、地域の活性化を図るための制度です。

 賃貸や売買を希望する空き家・空き地物件をお持ちの方から、物件情報を提供・登録していただいたうえで、市公式ホームページへの掲載などを通じて、利用を希望する方に情報を提供します。

「空き家・空き地バンク」の利用イメージ

交渉・契約について

  • 市は、空き家・空き地の紹介や必要な連絡調整を行い、空き家・空き地の所有者と利用希望者間で行う物件の賃借・売買に関する交渉・契約の仲介は行いません。
  • 空き家・空き地の売買や賃貸者のトラブルを避けるため、市では原則として、市に登録された市内の宅地建物取引業者により仲介していただくこととしております。
  • 仲介する宅地建物取引業者は、市に登録されている宅地建物取引業者から、空き家・空き地の所有者が事前に選定します。
  • 宅地建物取引業者が仲介をする場合は、仲介に係る報酬は、宅地建物取引業法の規定に基づく額の範囲となります。
  • 仲介手数料は売買や賃貸借が成立した場合のみ発生します。