マイナンバー制度の開始により、平成28年1月から介護保険事務においても申請書及び届出書に個人番号の記入が必要になります。

マイナンバーは、公平・公正な社会の実現を図りながら、行政の効率化と市民の皆さまの利便性の向上を目的として、法律等で定められた事務のみで利用されるものです。

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

(※)印がついている申請書及び届出書には、個人番号の記入欄があります。

介護保険に関する申請書

認定申請関係
居宅サービス計画作成関係
高額介護サービス費関係
負担限度額関係
第三者行為関係

介護保険<住宅改修>に関する申請書等

介護保険<福祉用具購入費>に関する申請書等

事業所向け