様々な悩みを持っている方のご相談を一緒に解決するため、福祉事務所福祉班内(自立相談支援機関)に生活相談窓口を設けました。窓口では生活困窮者自立支援法により配置された「支援員」がひとつずつ必要な行政サービスに結び付け、また、支援の申し込みに対し、あなたの支援プランを作成して、問題が解決するまでお手伝いします。

 

 1.相談から支援の流れ 
【 まずは相談 】

 ・あなたの悩みを広く支援員がうかがいます。相談内容によっては、利用可能なサービス等を紹介し、利用手続きのお手伝いをします。

 ・窓口に来られない方は、訪問により相談をうけることも可能です。

          ↓↓       

【 支援プランを作成 】

 ・支援の申し込みがあった場合は、支援員があなたの抱えている問題を分析し、あなたの意見をうかがいながら最適なプランを作成します。

          ↓↓

【 自立に向けた活動 】

   ・支援プランをもとに、あなたの問題がひとつずつ解決するように取り組みます。

 ・支援員は関係機関と連携を図り専門的な助言を行います。また、必要に応じて支援プランの見直しを行い、問題が解決するまで支援を行います。

 

 2.支援事業の種類 
「自立相談支援事業」

 ・生活にお困りの方に対し、その悩みが深刻化、複雑化する前に、早期の相談支援を実施します。専門知識を有する支援員が、あなたの状況を分析し、活用できるサービス等を紹介します。

 ・支援の申し込みがあった場合は、支援プランを作成し、自立した生活が可能になるまで、伴走型の支援を実施します。

 

「住宅確保給付金」

 ・離職により住居を失った方や失うおそれのある方に対し、安心して求職活動ができるように、給付金を支給します。なお、給付金の支給には一定の所得制限等があります。

 

 

 

※ 自立相談支援機関及び支援員は個人情報保護法を遵守し、お悩みの解決に向けて支援します。

 

 ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

 

◆  お問い合わせ先 : 男鹿市福祉事務所福祉班(生活相談窓口)℡ 0185-24-9117