市長だより 平成25年1月

 明けましておめでとうございます。

 市民の皆さまにおかれましては健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 今年が次につながる年となるようこの先の予定を見てみましょう。

 今年の7月13日から28日まで男鹿市を中心会場として海の日の全国大会である「海フェスタおが」が開催されます。今回は第10回の節目の大会です。

 男鹿市は三方が「海に囲まれている」のではなく、三方が「海に開かれている」ことを全国にアピールする機会にしていきたいものです。

 昨年開催された「海フェスタおのみち」には公式発表で160万人が来場しました。

 海フェスタの次には、JR全国6社によるデスティネーション・キャンペーンの2013年秋の開催地に秋田県が決定しています。秋田県の中央部に位置する男鹿が県の観光をひっぱると期待されています。

海フェスタの賑わいを、デスティネーション・キャンペーンにつなげていきましょう。

 平成26年10月4日から11月3日は秋田県で国民文化祭が開催されます。

 男鹿市のテーマは「全国ナマハゲの祭典」「全国吟詠剣詩舞道祭」「大地に学ぼうジオパークの祭典」の三つです。

 国民文化祭の機会を利用して平成26年ジオパーク全国大会を男鹿で開催するよう日本ジオパークネットワークに要請しています。世界ジオパーク認定に向けた弾みとしたいものです。

 男鹿市の花は椿です。椿、サザンカを指定花木とする自治体で構成されている全国椿サミット協議会が平成27年に男鹿市で開催されることが内定しています。

 日本海側の北限である能登山の椿だけではなく、脇本の「細葉の椿」など、男鹿の椿を掘り起こし男鹿に活性化の花を咲かせましょう。

 新しい一年がこれからの高い目標に向かう充実した年となりますようお祈りし、年頭のごあいさつといたします。