男鹿市民憲章(おがしみんけんしょう)

 わたくしたちは、(ひろ)(うみ)(みどり)(やま)(かがや)太陽(たいよう)のまち男鹿(おが)市民(しみん)です。
この(うつく)しく(ゆた)かな大自然(だいしぜん)のなかで、日本海時代(にほんかいじだい)先駆者(せんくしゃ)としての自覚(じかく)をもち、郷土(きょうど)のかぎりない繁栄(はんえい)(ねが)って、ここに市民憲章(しみんけんしょう)(さだ)めます。
 

1.わたくしたちは、(めぐ)まれた自然(しぜん)郷土(きょうど)(まも)り、(あか)るく(うつく)しい男鹿(おが)をつくります。

1.わたくしたちは、仕事(しごと)(ほこ)りと意欲(いよく)をもち、(ゆた)かな男鹿(おが)をきずきます。

1.わたくしたちは、教育(きょういく)文化(ぶんか)(おも)んじ、創意(そうい)()ちる男鹿(おが)をひらきます。

1.わたくしたちは、まごころをもって(ひと)びとに(せっ)し、(おも)いやりのある男鹿(おが)をそだてます。

1.わたくしたちは、きまりを(まも)り、健康(けんこう)につとめ、()みよい男鹿(おが)をつくります。